冬の雪道での注意事項

雪道


冬の雪道での注意事項

冬の雪道では、いろいろなトラブルが発生しますが、
そのほとんどはちょっとした注意をすることで、
未然に防げることが多いようです。
下記項目について、もう一度チェックをしてからおいでください。

なるべくブレーキに頼らないこと

雪道では、タイヤと路面の摩擦力が極端に弱く、デリケートな運転が必要です。
まずスピードを出さないこと。また、ブレーキに頼る運転は、極力避けるようにしましょう。
坂道でも、エンジンブレーキを上手に使って減速するのがスリップしないコツです。

すれ違いは、なるべく広い道路で

雪道では、積雪で2車線分の道路が、1車線分しか使えないところもあります。
対向車と出会ったら、なるべく広いところですれ違いましょう。
それが無理ならば、どちらかが停車し、すれ違いやすくする心づかいが大切です。
坂道でのすれ違いは上り優先ですので、下りの車は、道を譲るようにしましょう。

コーナーは手前で十分減速を

雪道での急ブレーキや急ハンドルはもちろん危険です。
また、コーナーを抜けるときも要注意です。
基本的には、コーナーに入る前に十分減速をして、コーナーに入ってからは
できる限りブレーキをかけないことが、安全運転の秘訣です。

チェーンは必ず携帯して

最近、電話で「チェーンはなくても大丈夫ですよね。」という問い合わせをよく受けますが、
山の天気は、急変することが多く、途中で立ち往生してしまっている車を多く見受けます。
使わないまでも、チェーンは、必ずタイヤサイズにあったものを携帯してきてください。
もちろん、スタッドレスタイヤでも必要になるときがありますので、必ず用意をしてください。

チェーンは早めにしっかりと

チェーン装着のタイミングは、とても難しいものです。
対向車がチェーンをしていたら、チェーン着脱の路肩スペース(上田方面は、横沢交差点と菅平口交差点の
間に3ヵ所有・須坂方面は、仁礼町交差点と樽の沢の間に、3ヵ所有)で、迷わずチェーンを装着してくだ
さい。

事前のチェックを怠りなく

出発前にチェーンの確認をかねて、タイヤにチェーンを装着してみませんか。
一度練習しておけば、寒い中でつらい思いをせずにすみますよ。
初歩的なことですが、FF車(前輪駆動車)は前輪に、FR車(後輪駆動車)は後輪に、
チェーンを装着してください。
4WD車(4輪駆動車)は、取扱い説明書に書いてありますので、その指示にしたがってください。

ディーゼル車の燃料は長野に入ってから給油して

ディーゼル車は、燃料の軽油の成分が都会と寒冷地で違いますので、
(最悪のときは、燃料が凍結してエンジンが止まってしまいます。)
出発のときには、燃料を補充せず、長野県に入りましたら、早めに給油するようにしてください。

事前チェックと携帯品について

ラジエター液の濃度・バッテリー液の補充・比重のチェック・充電・ウインドーウォッシャー液の濃度の
点検や補充・耐寒オイル(15Wとか10Wといった数字が小さいほど寒さに強いオイルです)への交換・
軍手・針金・ニッパー・ペンチ・古新聞・毛布・スコップ・牽引ロープ・懐中電灯・凍結防止剤・チェーン
バンドの予備・ブースターケーブル・霜除去用スクレイパーなどの用意も忘れずにしてください。