ロッジやまぼうし厳選嬬恋村・草津町観光案内


愛妻の丘(キャベツ畑で愛を叫ぶ)

 農家の畑を借りて始まった小さな催しがキャベチューでした。男たちが真剣に愛を叫ぶ姿がだんだん評判になり、群馬県が叫びの丘に整備してくれました。そこを村の人たちが「愛妻の丘」と名付けました。
 いまではそこはドライブの名所です。村民が始めた催しが多くの人の心を動かして新名所になりました。小さな波が大きな波を作り出して現実になる。「愛妻の丘」はまるで奇跡のような出来事が生まれた場所です。
  まわりの青々としたキャベツが真っ赤になるような愛のセリフで、愛妻や恋人に、愛を叫びに来ませんか?

愛妻の丘愛妻の丘
愛妻の丘

湯の丸高原 レンゲツツジ

 6月中旬から7月上旬にかけて、湯の丸山のふもとから頂上近くまで、60万株のレンゲツツジが赤いじゅうたんを敷きつめたように咲いていく光景はみごとです。
 






バラキ湖周辺

  海抜1,400m、周囲2kmのバラギ湖。釣り好きにはたまらないスポットです。
周辺には、無印良品が運営するキャンプ場も整備されています。
 また、嬬恋パルコーるスキー場のゴンドラ「パルキャビン」を利用して浦倉山や四阿山の登山もできます。


 

草津温泉 湯畑

草津湯畑

 温泉街の中心に位置する湯畑は、草津温泉のシンボル。
 毎分4000リットルの温泉が湧き出ていていつも湯けむりを舞い上げています。
ここでは湯の花の採集も行われています。休日になると、大道芸人や音楽奏者なども出て楽しい広場になります。



片岡鶴太郎美術館  群馬県吾妻郡草津町草津479         0279-88-1011

片岡鶴太郎美術館

 草津片岡鶴太郎美術館は草津ホテルの隣接施設として1998年12月に開館しました。
 氏の作品を常時約130点展示し温泉にいらした方々にゆったりと鶴太郎芸術を楽閉めるように年数回展示品を入れ替えています。
 氏が日々の暮らしで感じたものやロケの旅先で出会った魚、花、虫などを題材にした作品は、いってみれば「普段着の絵」。 生きている刻一刻への愛しさが溢れた作品を展示しております。
 温泉で癒された後は、絵画鑑賞で心落ち着くひとときを過ごしてみてはいかがですか。


 

西の河原

西の河原

 草津温泉の西方にあり、辺り一面至るところから温泉が湧き出して
大量の湯煙を上げ、湯川となって流れています。
 また、その景観から鬼が住む場所鬼の泉水とも呼ばれて恐れられ、鬼が出るので、この地では大声を出してはならないとの伝承があります。今でも鬼の茶釜、鬼の相撲場などの名称が残っています。
(ph2.1)